日本一わかりやすい「文節」と「単語」の区切り方

中学校1年生になったAくん、国語の授業で初めて「文法」の授業を受けました。

A くん
先生、今日学校の国語の授業で「文法「」に入りました。でもよくわかんなかったです・・・
そっかぁ、今日はどんな授業だったの?
A くん
「文」を「文節」と「単語」に分ける授業でした。
よーし 😆 、最初から丁寧にいくで!

文節とは文を発音上不自然にならない程度にできるだけ短く切った一区切り

ちなみにwikipedia先生によると・・・

文節(ぶんせつ)とは、日本語の文法(文語体ならびに現代語文法)において、文をどんどん細かく区切っていったとして、実際の言語としてはそれ以上に分けることができない個々の部分、として扱われる単位である。また音声言語的にも区切ることなくひとつらねで発音される単位である。言語学と用語に少しズレがあり、言語学でいう「語」に近い。

【wikipediaより抜粋】

wikipedia 先生は相変わらず堅いな(笑)
A くん
でもやっぱりピンときません
そうだよね・・・じゃあ具体的にみてみようか!Aくんは「文節分け」って学校で習った?
A くん
あ、今日習いました!「ネ」を入れながら、意味がわかる程度に区切っていくんですよね。
その通り!じゃあさっそく問題ね

「昨日俺は弟と公園に行った」を文節にわけよ。

A くん
昨日「ネ」俺は「ネ」弟と「ネ」公園に「ネ」行った「ネ」だから・・・
うんうん、つまり?
A くん
文節は【昨日】【俺は】【弟と】【公園に】【行った】の5つです!
おぉ、完璧だ「ネ」 🙄
A くん
・・・。
さぁ、次は今分けてもらった「文節」をもっと細かく区切っていこうか。

単語とは文節をさらに細かく区切って、ことばの意味を失わない程度にまで分けたもの

ちなみにちなみにwikipedia先生によると・・・

単語とは、言語の構成単位の一つであり、一つ以上の形態素からなる。単語が集まることで句、節、文が作られる。

【wikipediaより抜粋】

定義は取り敢えず置いておこうか!(笑)

「昨日俺は弟と公園に行った」を単語にわけよ。

A くん
単語・・・?
じゃあ、さっきの5つの文節それぞれに注目して辞書で調べるつもりで区切るとどうなるかな?
A くん
【昨日】って辞書に載ってますよね? ってことはこれは区切れないから【昨日】
そうそう!その調子 🙂
A くん
【俺は】はそのまま辞書には載っていないな、【俺】【は】で区切るんですか?
素晴らしい 😉
A くん
【弟と】も、【弟】【と】で区切るでしょ!
A くん
【公園に】も、【公園】【に】で区切る!
A くん
【行った】はそのまま・・・?
【行った】で調べると辞書で出てくるかな?
A くん
でてきませんでした 😥 【行く】だったらあるんだけど・・・
そう、実は【行った】【行く+た】と考え【行っ】【た】で区切るのが正解なんだよ!
A くん
まとめると、【昨日】【俺】【は】【弟】【と】【公園】【に】【行っ】【た】ですね!
そうだね 🙂 そしてまさにこれが単語に分けるということなんだよ!

「昨日俺は弟と公園に行った」を文節と単語にわけよ。

文節に分けると

【昨日】【俺は】【弟と】【公園に】【行った】

単語に分けると

【昨日】【俺】【は】【弟】【と】【公園】【に】【行っ】【た】

まとめ

文節とは文を発音上不自然にならない程度にできるだけ短く切った一区切り

単語とは文節をさらに細かく区切って、ことばの意味を失わない程度にまで分けたもの

という「文節」「単語」の定義よりも

文節に分けるときは

「ネ」をいれて自然に切れるところで区切る!

単語に分けるときは

それぞれの文節に注目し、国語辞典で調べたとき載っているもので区切る!

 

を徹底すべし!

例題 「明日は雨が降ると思うよ」を文節と単語に分けよ。

解答・解説

文節

明日は「ネ」雨が「ネ」降ると「ネ」思うよ「ネ」と区切ることができるので

 

【明日は】【雨が】【降ると】【思うよ】

 

単語

【明日】【は】【雨】【が】【降る】【と】【思う】【よ】

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

富永裕大

仙台市出身。1988年1月26日生まれ。28歳。当塾塾長。東京・宮城で10年の指導実績を有する。これまで様々な有名塾を渡り歩き、各教室で絶大な支持を得るも塾のあり方に疑問を持ち独立。現在は塾長として様々な生徒の成績アップを実現している。好きな食べ物はお寿司。