アメリカ留学のお話し第2弾~実際の生活はどんな感じ?~

皆さん、美容院に行って少しは落ち着いたけど、未だ湿気で髪がフワフワのエリンです。お元気でしょうか?

前回に引き続き、私の留学経験話し第2弾として今日は実際の生活のご紹介をしようと思います。

第1弾の「アメリカ留学のお話し第1弾~留学中の勉強はどんな感じ?~」はお楽しみ頂けましたでしょうか?少しでも、皆さんのお役に立てられたら嬉しく思います。

アメリカ留学のお話し第1弾~留学中の勉強はどんな感じ?~

2016.06.16

Hello everyone, how is everything going with you?

Yes, t’s still rainy season in Sendai, Japan, but my hair is under control at least a little bit since I had hair cut and treatment done from m favorite hair dresser.

I shared my experience and thoughts of study abroad to U.S. last time, and I’d like to share some more of it today as well. I hope you enjoy. Thank you for reading.

今日は以下のトピックについてお話ししますね。

①ホームステイ

 

アメリカ

前回も少しお話ししましたが、モンタナでのホームステイ先のホストペアレンツはとても良い方々でした。でも、なかなか意思疎通を図れない私はやたらと「Thank you 」を繰り返してました。それと、やっぱり表情で色々伝えようとしていたと思います。なんだかんだ言って、人と人とのやり取り、留学前の学生さん達はきっと不安で一杯だと思いますが、表情で伝える事が出来る事を忘れなければ、何とかなりますよ、安心して下さい。

あ、あと一つ。。。日本では皆さんほぼ毎日お風呂に入るでしょうが、あちらはシャワー文化。お風呂に入る事はあまりありません。すぐ慣れますよ~。ちなみに、入ろうとしても、タブが浅すぎて満足は出来ないでしょう…覚えておいてください。

 

② アパート

シアトル

シアトルでのホームステイにも慣れて、そろそろ独立してもいいかなと思い始めたのが、ESL(English as second language)を卒業する頃でした。憧れのルームシェアを上海出身の留学生とする事にします。2人で毎月$860。折半しての生活が始まります。ここからも貴重な体験となりました。皆さんも留学するとルームシェアに憧れると思いますが、ここで私が気を付けたのは、日本人とのルームシェアをしないことです。第1弾でお話ししたように、英語にどっぷりつかる事が話せるようになるこつ。一緒に住むのが日本人では勿体無い!!せめて、他の国の留学生と暮らしてみましょう。文化の違いでぶつかる事も合うかもしれないけれど、それもGlobalな感覚を身に付ける上でとても大切な事です。

③お買い物事情とバスパス

私が住んでいたLynnwood という街にはAlderwoodMallという、それなりに大きな規模のモールが近くにありました。それと、SeattleのDowntownまでバスで40分程でしたので、よく友達と一緒に出掛けたものです。ここで有り難いのが、学校で発行してくれるバスパス。ななななんと!Local線はバス乗り放題。DowntownへのExpressも当時たったの$1で乗る事が出来ました。このバスパスがある事で、学生の行動範囲は格段に広がり、お金の無い学生でも思いっきりExplore出来る素晴らしく有り難い武器でした。

最近日本でもちらほら見るようになりましたが、アメリカでは「Buy one, get one free」というシステムがやたらと使われます。見て字のごとく、「一つ買うと、一つタダ」という意味不明の喜ばしいサービス。これを見るとテンションが上がり、購買欲を掻き立てられます。買い過ぎにはご注意くださいまし。

⑤University Washington dormitory

さて、Seattleと言うとUW(ユーダブと皆さん呼びます)。こちらも例の有り難いバスパスで$1で行く事が出来、広大な敷地と独特な雰囲気を味わいによく行ったものです。留学2年目に入って親友がはるばる仙台から単身私を訪ねて1月ほどにプチ留学をした時のことです。皆さんご存知SpaceNeedle等の観光地も網羅した私たちはUWにも足を延ばし増しました。敷地内を1日散歩しながら、どうやらDormitory(寮)にたどり着いた私たち。建物には不思議な文字がふられていて、何とも言えないカッコよさがあります。こんな立派で重厚な建物に住めていいなぁと思いながら、そのうちの一つへドアが開いていたので、入ってみる事に。そこの一部屋から出てきたある男子生徒、、、、が不思議な顔で、、、

「Do you guys know where you are?」”君たちどこにいるかわかってるかい?”

エリン:「Not really」

「You guys are at male only dormitory, lol」”男子寮だよここ、わっはっは”

エリン:「Super sorry,,,,,」”失礼しました、、、、”

私と親友は顔を合わせて大笑い。彼も相当笑ってました。怒られなくて良かったけど、ちょっと恥ずかしかったです。皆さん、大学寮への不法侵入は確認してからをお勧めします。特に、男子生徒の皆さん、Girlsに激怒されるかもしれませんしね。。。。。

 

おまけ:

さて、先週のおまけの答えを載せます

Bless You

と、書きましたが、その意味は発見できましたか?

答えは!!くしゃみをした時に周りの人が、”幸せが逃げないように”という思いを込めて言う文化です。

 

日本では、ため息をつくと幸せが1つ逃げていくと言ったりしますが、私的にはこれにすごく似ている気がします。。。ため息ついちゃうとあわてて吸い込んだりもしたりしませんか?Lol私だけかしら?

ちなみに先程から度々使っているLol

さて、なんの略でしょうか?探してみて下さいね~

エリンでした。何か、英語でも何でも質問があったら聞いてくださいね~

では、皆さん明日は待ちに待ったFriday Night。思う存分楽しんで下さい!!

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Erin

当塾『英会話講師』。元デルタ航空CA。Edmond’s Community College出身。高校卒業後アメリカのEdmond’s Community Collegeに進学。その後、デルタ航空に10年間勤務。フライト数は2,000を超える。退職後は実際に自分が見た世界の素晴らしさを地元仙台に広めるため個人で英会話レッスンを実施。現在は得意の英語を生かした楽しいレッスンを展開。