仮定法のIFは「現実離れ」のイメージでマスターしよう

皆さんこんにちは、角田渉です。

今回は、英文法の中でも難関なIFについて解説したいと思います。

難しいだけにここを抑えると周りと差をつけることができます。

頑張っていきましょう!!

IFの基本イメージをつかむ

仮定法のイメージは「現実離れ」

「事実ではない」あるいは「可能性がとても低い」、それがイメージです。

すごく特殊なケース?

いいえ、そうではありません。私たちは日常かなり頻繁に、この種の現実離したできごとを話題にしているんです。

「(恋人と別れたばかりの人が)ああ、よね子がここにいてくれたら」「(今お金がない人が)ああ、今100億円もってたらなあ」「(陸上の高跳びの選手が)股下が10メートルあったらゼッタイ金メダルなんだけど)」

ほら、いくらでもそんな例はあるでしょう?

仮定法の作り方はまだ気にしないでください。まずは仮定法が使われる例をながめて「現実離れ」のニュアンスに慣れていきましょう。

A: It’s a beautiful house but it needs a lot of work.

B: If I were you, I wouldn’t buy it.

A:いい家なんだけどたくさん手直しが必要だな。

B:僕なら買わないだろうな。

Bが仮定法の文。どうしてここで仮定法が使われるのか、わかりますか?

うん。簡単ですよね。

「僕が君だったなら( If I were you)」。

現実には、僕は僕で君は君なんだから、こんなことは起こりっこありません。

「現実離れ」の仮定法が使われなくてはならないんですよ。

ちなみに、If I were youは決まり文句。

同じ内容を次のように言うこともよくあります。

In your place, I wouldn’t do such a thing.

If I were in your shoes, I wouldn’t do such a thing.

(僕が君の立場ならそんなことしないだろうな)動詞wish(~だといいんだけど)は後続文に仮定法をとり、「(起こっていない,起こりえないことを望んでいる」状態をあらわしたいときに使われます。

次の例文を見てみましょう。

A: I wish I had a really flashy sports car.

B: Why?

A: Then all the girls would want to go out with me.

B: Dream on!

A:すっげー派手なスポーツカーもってたらなぁ。

B:どうして?

A:そしたら女の子みーんな僕とデートしたがるだろうから

B:はいはい、夢見てれば?

訳を見てみましょう。「今、スポーツカーがあったらなぁ」という意味です。

過去のできごとについて述べている文ではありませんね。

少し仮定法に慣れてきたかな?

それではここで、仮定法ではない文との意味の違いを考えてみましょう。

[1]If you touch me, I will scream.

[2]If you touched me, I would scream. [仮定法]

(触ったら叫ぶわよ)の2つの文に話し手の「態度」の違いが感じられたなら仮定法のニュアンスがついていますよ。

[1]は無色透明の「もし触ったなら」。話し手はとくに、触るとも触らないとも思っていません。そうした気持ちが入っていない単なるif。ところが、

[2]には話し手の「見込み」が色濃くまとわりついています。話し手はね、「触らない」と思っているんですよ。「そんなことは起こらないだろうけど…」が言外に響いています。

IFの基本イメージを使いこなす

仮定法の「現実離れ」を「過去形」で表現することについて

では、仮定法はどうやって作るのでしょうか。先ほどの例文を思い出してみましょう。

I wish I had a really flashy sports car.

(すっげー派手なスポーツカーもってたらなぁ)現在について述べているのに過去形が用いられています。上の例も「(今)もってたらなぁ」ってことですよね。

さて、一体なぜこんなことが起こっているのでしょうか。

それは、仮定法が「現実離れ」を示す形だからですよ。

過去形の距離感が「過去のできごと」をあらわすだけではなく「控えめ表現」や「丁寧表現」 で用いられているからなのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

仮定法のイメージは「現実離れ」です。

「現実離れ」と言っても、SFとか夢物語とかではなく、ごく身近なものでも使用します。

このイメージさえつかめば、仮定法はマスターできますよ(*^^*)

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1994年4月15日生まれの22歳。出身は東京の品川区。大森学園高等学校卒。東北大学農学部海洋生物科学科の3年生。担当科目は化学、数学、英語、生物、倫理、政経、国語。サークルはバスケ部とヨット部に所属。趣味はセーリング、サイクリング。好きな食べ物はそば。