間違えやすい音読みと訓読み

こんにちは!櫻學舎講師の小田将也です!

今回は見分けがつきにくく勘違いしやすい音読み、訓読みを持つ漢字を紹介していきます!

今から10個問題を出すので考えてみてください!

①肉(にく)

②席(せき)

③間(ま)

④線(せん)

⑤家(や)

⑥鉄(てつ)

⑦世(よ)

⑧代(よ)

⑨路(みち)

⑩路(じ)

答え

①ニクは音読みです!とても訓読みっぽいですが音読みなんですね~。

②セキは音読みです!せきも意味が通じるので訓読みっぽいですね~。

③まは訓読みです!音読みにはカンやケンがありますね。

④センは音読みです!泉がセンと読むのでこれは簡単でしたかね…?

⑤やは訓読みです!一見音読みっぽいですが訓読みなんですね~。

⑥テツは音読みです!余談ですが「金を失う」と書くのは縁起が悪いということで鉄道の鉄は右側が失ではなく矢になっています!

⑦よは訓読みです!音読みにはセイなどがありますね。

⑧よは訓読みです!二連続でよを出したらどっちかが音読みかなと思うかなと思って出しました!

⑨みちは訓読みです!みちが訓読みなのはたぶんみなさんわかったと思います。

⑩じは訓読みです!これもどっちかが音読みかなと思うかなと思って出しました!

まとめ

いかがでしたか?全部正解したという方はほんとにすごいと思います!正解したら教えてください、尊敬します。

音読みはそれ自体で意味が分からないもの、訓読みは読んで意味が分かるもの、と覚えていた方にとっては難しかったのではないかな?と思います。

ほかの漢字についても音読みと訓読みについてちょっとでも迷ったら調べてみましょう!

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

以上小田将也でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です